オムニ特注台車

オムニホイールを使用した台車の仕組
オムニホイールを使用することにより、全方向へ自由自在に移動ができる台車を製作することが可能です。同一円周上に3〜4輪のオムニホイールを配置し、その回転方向や回転速度を調整することで様々な動作が可能となります。
フレームに均等にオムニホイールを配置し、電源・制御装置を搭載することによって電動台車となります。CPUやシーケンサ等で動作を制御することも可能ですし、ラジコンのように無線コントローラによって操作することも可能です。
お客様のご要望に沿った台車を制作
私どもでは、お客様の希望する性能に合わせた特注オムニ台車を仕様取り決め→設計→部材調達→組立調整→納品まで、一括でお引き受けしております。ぜひ一度お問い合わせください。

※オムニユニット・特注台車に関するお問い合わせはこちら
特注台車の納入実績
研究用三輪オムニ台車
私どもで開発・製造しました三輪オムニ台車で、「BP164-03」を使用しております。高知工科大学が所持しており、各研究・ロボット学会への展示等に役立てております。
台車中央にあるボックス内に電源バッテリー、モーターコントローラ3台、制御用CPU基板、無線受信ユニットを搭載しています。
無線コントローラにて操作が可能で、全方向移動可能なラジコンという位置付けになります。
歩行王
全方向移動型歩行訓練機「歩行王(あるきんぐ)」
オムニユニット「UT120-03」を4輪使用した全方向移動型歩行訓練機です。足の不自由な患者さんの歩行機能回復、及び介助者の負担軽減に役立てる為に設計・開発いたしました。
すでに株式会社相愛より一般に販売されております。
研究用全方向移動型歩行訓練機
歩行王(あるきんぐ)に荷重センサ、及び超音波センサを搭載した研究用改造機で、高知工科大学が所持しております。体重移動による操作、障害物の検知・回避等、介護機器のさらなる利便性・安全性を求める研究に役立ててもらっております。
研究用四輪台車
信州大学様にお納めした研究用の四輪台車です。ホイール樹脂製内蔵オムニ「BP164」シリーズを4輪使用しています。4輪のうち1輪に独自のサスペンション機構を搭載し、路面の多少の凹凸を吸収するため安定した走行性能を発揮します。

台車サイズ:φ400×h200(mm)
研究用三輪台車
愛媛大学様にお納めした研究用の三輪台車です。ホイール樹脂製内蔵オムニ「BP164」シリーズに90Wのモーターを搭載したものを3輪使用しています。天面にφ400×t10の丈夫なアルミ製テーブルを設けており、その上に制御機器等を搭載し各種研究に用いられるとのことです。

台車サイズ:φ400×h250(mm)
案内ロボット「TypeA」
東京大学様にお納めした人間搬送用の自走台車で、ホイール樹脂製モーター内蔵オムニ「BP164-03」を4輪使用しています。木製ボックス内にノートパソコンを収納しており、それによって進行方向・速度等を設定し、座布団の上に人が座って移動します。レーザー式測域センサを搭載し、障害物の検知・回避も可能です。
案内ロボット「TypeC」
同じく東京大学様にお納めした人間搬送用の自走台車です。ホイール樹脂製モーター内蔵オムニ「BP164-03」を4輪使用しており、座椅子も豪華なものを搭載しました。座椅子の背面に制御用ノートパソコンを搭載しており、簡単な手順でパソコンを操作できるように構造が工夫されています。同じくレーザー式測域センサを搭載しております。
案内ロボット「TypeD」
同じく東京大学様にお納めした高機能の案内ロボット台車です。組込ユニットタイプオムニ「UT120」に80Wの高容量モーターを搭載した特注品を4輪使用しています。バランスボードによる重心移動操作、Webカメラ+タブレットパソコンによる人の顔の認識やトラッキング、画像処理による自動運転など、様々な動作制御で生活支援に役立つようなロボット開発につながる研究にご使用いただいております。
三輪台車(人間搭乗用)
神戸大学様にお納めした台車で、組込ユニットタイプオムニ「UT120」に80Wの高容量モーターを搭載した特注品を3輪使用した三輪台車です。台車の上に荷重計測器を乗せて更にその上に人が乗り、台車を急発進・急停車させた時の人間のバランスの取り方等を計測する研究にご使用いただいております。
三輪ユニット
名古屋大学様にお納めした三輪ユニットです。ホイール樹脂製モーター内蔵オムニ「BP164-03」を3輪使用しています。中央のボックス内にモータードライバ、制御用CPUボード、バッテリー等を全て収納しており、コンパクトに仕上がっております。